InterFAX ユーザーズページ

InterFAX送信サービス ユーザーズガイド

12

テキストメールでの帳票作成、送信について

メールをテキスト形式(プレインテキスト)で送付する場合の注意事項です。

1.

送信メールのヘッダ情報内のFromおよびReturn-Path(存在する場合)をInterFAXに登録してあるメールアドレスにします。

2.

同じくヘッダ情報の最後に次の設定を加えます。

Content-Type: text/plain; charset="iso-2022-jp"
Content-Transfer-Encoding: 7bit

3.

メール本文および件名はJIS(ISO-2022-JP)のエンコードが必要です。

4.

メール本文中に記述できる文字数にご注意ください。

テキストメール、テキストファイルの添付およびHTML横幅指定で送信される場合、1行あたりの文字数が最大数を超える部分は、右端が削除されFAXされませんので、ご注意ください。

フォントの種類・サイズ、用紙サイズ、用紙方向等により1行あたりの文字数や1ページあたりの行数が異なります。詳細は、送信時のオプションについてをご覧ください。また、テスト送信にてFAX結果をご確認いただくことをお勧めします。

5.

文字フォントのデフォルト値はMSゴシックで、大きさは11ptから12pt相当です。(受信FAXの機種により若干の差が生じます。)

6.

Windows特殊文字もご利用可能です。

上記、4項から6項までのサンプル出力(TIF)は、こちらからダウンロードできます。(α、β等の文字は半角に自動変換されますのでご注意ください。)

7.

本文中で改ページをおこなう場合は、改ページ(FormFeed)コードを挿入することで実現可能です。改ページコードは、Decimal=12またはHex=0Cとなります。

尚、テキストファイルのフォントタイプフォントサイズは、送信時の件名(Subject)オプション指定で、変更することができます。詳しくは、送信時のオプションのページをご参照ください。

注意事項

1)

テキストメール本文中に半角の"<"および">"文字は使用できません。<>に囲まれる文字は、FAX出力されない場合がございます。但し、全角の"<"および">"は使用できます。

2)

送信メールのヘッダ内に「Return-Path:」が存在しない場合は、そのままで結構です。また、「From:」と「Return-Path:」アドレスが異なる場合は、「Return-Path:」が優先的に認証アドレスとして使用されます。

3)

ISO-2022-JPでのエンコードについて。通常、メールソフトをご利用の場合は、件名と本文に日本語を記入することで、自動的にISO-2022-JPでエンコードされます。

4)

日本語を含むテキストファイルを添付する場合もISO-2022-JPでのエンコードが必要です。
ユーザIDをお忘れの方
InterFAX公式サイト
会員規約

お問い合わせ

株式会社 ドゥイット
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-4-6
フォーシーズンビル アネックス 5F

TEL
03-5367-3777
FAX
03-4477-2288
E-mail
info@interfax.jp

弊社営業時間
月曜日〜金曜日 9:30〜18:00
(休業日: 土日祝日および弊社休日)

ドゥイットTop
株式会社 ドゥイット